<ご案内>
第94回プラットフォームセミナー
「北東アジアにおける経済見通しと経済協力の可能性」
9月14日(木) 14:15~17:00
(東京大学本郷キャンパス福武ラーニングシアター)

2017/07/31
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア

北東アジアは、北朝鮮の核及び弾道ミサイル試射、日中韓間の政治的緊張(歴史・領土問題や戦域高高度防衛ミサイル(THAAD)など)に因る地政学的なリスクや、米国のトランプ新政権による保護貿易主義のもつ経済リスクなど、いくつかのリスクに直面しています。こうした状況にも関わらず、北東アジア経済の将来の見通しは相対的に明るい状況にあります。こうした状況を背景に、このGSDM プラットフォームセミナーでは、北東アジア経済圏(中国、北朝鮮、日本、モンゴル、韓国、ロシア極東地域)の構造的課題について検討し、域内の経済協力の可能性を探ります。米国、中国、モンゴル、韓国、ロシア、日本の専門家が、観光、インフラ整備(石油・ガスを含む)、物流の接続性、貿易・投資などを通じた経済協力の潜在性について評価し、このような協力が、地域内の相互信頼の構築や平和・安全の確保につながりうることを議論します。

日  時 2017年9月14日(木)14:15~17:00
場  所 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアターMAP
講 演 者 基調講演
高原明生(東京大学公共政策大学院教授)
パネルディスカッション
バリー・ボスワース(ブルッキングス研究所シニアフェロー)
宋錦(中国社会科学院世界経済・政治研究所経済発展室准教授)
李鐘和(高麗大学校アジア問題研究所長) 
三村光弘(ERINA 主任研究員) 
金炳椽(ソウル国立大学経済学部教授)
パ-ベル・ミナキル(ロシア科学アカデミー極東支部経済研究所会長)
N. バトナサン(モンゴル国立大学ビジネススクール教授)
新井洋史(ERINA 調査研究部長・主任研究員) 
言  語 日英同時通訳
主  催 東京大学博士課程教育リーディングプログラム「社会構想マネジメントを先導するグローバルリーダー養成プログラム」(GSDM)
公益財団法人環日本海経済研究所(ERINA)
共  催 東京大学公共政策大学院 (GraSPP)
参加登録 こちらからご登録をお願いいたします

 

プログラム
14:15~14:25 あいさつ 城山英明(東京大学公共政策大学院教授、GSDMプログラムコー
          ディネーター)
14:25~14:45 基調講演 高原明生(東京大学公共政策大学院教授)  発表資料
14:45~15:30 パネルディスカッション
モデレーター
 河合正弘(東京大学公共政策大学院特任教授、ERINA 代表理事・所長)
パネリスト 発表(各5分)
 バリー・ボスワース(ブルッキングス研究所シニアフェロー)
 張宇燕(中国社会科学院世界経済政治研究所長)
 李鐘和(高麗大学校アジア問題研究所長) 
 三村光弘(ERINA 主任研究員)  発表資料 
 金炳椽(ソウル国立大学経済学部教授)
 パ-ベル・ミナキル(ロシア科学アカデミー極東支部経済研究所会長)
 発表資料
 N. バトナサン(モンゴル国立大学ビジネススクール教授) 発表資料
 新井洋史(ERINA 調査研究部長・主任研究員)  発表資料
15:30~16:00 パネリスト討議
16:00~16:45 フロアからの質疑応答
16:45~16:55 クロージング 河合正弘(東京大学公共政策大学院特任教授、ERINA 代表理事・所長)