<お知らせ>
国際シンポジウム「エネルギーと投資」
7月14日(金)15:30~17:15
(フクラシア東京ステーション 5階「K」会議室)

2017/06/19
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア

国際エネルギー機関(IEA)のチーフエコノミストLaszlo Varro氏を招いて、7月11日に発表予定のIEAの主要出版物である「世界投資報告書2017年版」(“World Energy Investment 2017”)について講演してもらうとともに、世界のエネルギー需給の現状と展望について議論を行う。この報告書は、IEAのさまざまな報告を補完しつつ、今日の投資に関する意思決定が将来の世界のエネルギー需給にどのようにかかわっていくのかなどを分析するものであるが、この2017年版では特にエネルギー投資のための金融市場の動向やこのような金融の動向が再生可能エネルギーの拡大にどのように寄与しているのか等を分析している。
さらに後半のパネルディスカッションでは、講演を踏まえて、エネルギー分野の投資、再生可能エネルギーの拡大やエネルギー効率向上などが日本のエネルギー市場やイノベーションの促進に向けてどのような波及があるのかなどについても議論することとしている。
 

日 時 : 2017年7月14日(金)15:30-17:15(受付開始15:00)
会 場 : フクラシア東京ステーション 5階「K」会議室MAP
(東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル5F)
言 語 : 日本語/英語 (同時通訳あり)
定 員 : 160名・入場無料
申 込 : 2017年7月6日(木)までにこちらからお申し込みください。
※応募者多数の場合は締切日前に募集を終了する場合がございます。
 尚、今後このようなイベント案内がご不要な方は、こちらよりご登録くださる
 よう、お願いいたします。
主 催 : キヤノングローバル戦略研究所
共 催 : 東京大学大学院博士課程教育リーディングプログラム「社会構想マネジメントを先導するグローバルリーダー養成プログラム(GSDM)」
東京大学政策ビジョン研究センター

 
プログラム
テーマ:エネルギーと投資~イノベーションの活性化に向けて~
【基調講演】
 講   師:Laszlo Varro (国際エネルギー機関(IEA)チーフエコノミスト)

【パネルディスカッション】
 モデレータ:芳川 恒志(キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹)
 パネリスト:Laszlo Varro
       日下 一正(国際経済交流財団会長、
            キヤノングローバル戦略研究所アドバイザー)

ご案内(印刷用)はこちら

 
【お問い合わせ】
 CIGS事務局
 TEL 03-6213-0550(代表)
 environment@canon-igs.org