<ご案内>
第7回GSDMプラットフォームセミナー
「ミニ企業対話全体ワークショップ」
3月5日 14:00〜17:00(東京大学 伊藤国際ホール3階特別会議室)

2014/03/04
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア

東京大学工学部では、博士人材育成と横断的な研究課題発掘を目的に、博士課程学生、企業若手技術者参加のもと、公開型ワークショップを3月5日に開催します。
A)東京湾水処理とオリンピックと、B)次世代インフラモビリティ戦略という二つのテーマを用意し、2020-2025年を想定して、社会実装のための課題整理を博士課程人材と技術者が行います。WSの内容発表と講評の後、高度博士人材育成とミニ企業対話の今後について議論を予定しています。

日時 : 2014年3月5日 14:00〜17:00
会場 : 東京大学 伊藤国際ホール3階特別会議室

プログラム

1. はじめに:光石衛(学術調整室長)
2. 基調講演 素材の未来:加藤隆史(化学生命工学専攻)
3. オープン形式のリサーチWS
ワークショップA)東京湾水処理とオリンピック
下水の浄化技術の社会ニーズの整理と、膜や生物処理の比較分析を行い、東京オリンピックの際の社会実験の仕様を議論する。
ワークショップB)次世代インフラモビリティ戦略
2025 年を想定して、世界の都市の様々なビジョンを参照しながら、次世代インフラとモビリティの将来ビジョンと社会実装のための具体的な課題整理を行う。
4. 将来ビジョン/研究提案発表(学生-若手技術者)
5. 講評(機械、都市、社会基盤、化学生命、建設分野エンジニア/研究者)
6. 高度博士人材教育の今後に関する討議