<ご案内>
第15回GSDMプラットフォームセミナー,第79回公共政策セミナー
「原子力の平和、安全な利用と統合型高速炉」
5月28日 9:00〜18:00
(東京大学本郷キャンパス 伊藤国際学術研究センター伊藤謝恩ホール) *登壇者変更あり。

2014/04/22
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア

原子力発電の安全性と核燃料サイクルへの疑問が日本における原子力の平和利用の将来を不透明にしている。米国で1960年代に開発されたEBR2をベースにした統合型高速炉(Integral Fast Reactor)はこの問題を同時に解決しうる技術である。日本もその開発に関わったことがあるが一部の専門家を除いてその存在はあまり知られていなかった。最近発表になった映画「パンドラの約束」はこの技術が1)原子力の平和利用と安全性、2)地球温暖化防止、3)経済成長、4)エネルギー安全保障の四つに同時に応え得るキーテクノロジーであることを明らかにした。今回のセミナーはこの映画の監督や統合型高速炉開発関係者を招へいし、IFRを例にしつつポスト福島における新型炉開発の可能性、核燃料サイクルのあり方を議論することを目的とする。

日 時 : 2014年5月28日(水) 9:00~18:00
会 場 : 東京大学本郷キャンパス 伊藤国際学術研究センター伊藤謝恩ホールMAP
主 催 : 東京大学公共政策大学院
東京大学 Global Leader Program for Social Design and Management(GSDM)
共 催 : 一橋大学,公益財団法人 笹川平和財団
協 力 : 経済産業研究所
参加費 : 無料・同時通訳(日英)あり、事前登録制(当日参加も可能)

 

プログラム

司会:田中伸男(東京大学公共政策大学院教授)

 9:00~9:15 あいさつ
城山英明(東京大学公共政策大学院院長、GSDMプログラムコーディネーター)
羽生次郎(笹川平和財団会長)
 9:15~10:45 映画「パンドラの約束」上映
フイルムヴォイス株式会社のご厚意により上映いたします。
10:45~12:15 パネル討論1:映画「パンドラの約束」と原子力平和利用の人類文明的意味
マイケル・シェレンバーガー (ブレイクスルー研究所)資料ダウンロード
*諸般の事情により、ロバート・ストーン監督に代わりご登壇頂くことになりました。
トム・ブリース (グローバルイニシアチブに関する全米科学評議会代表) 資料ダウンロード
モデレーター 鈴木達治郎 (長崎大学核兵器廃絶研究センター)
12:15~13:30 昼食
13:30~14:00 技術的基調講演「IFR開発ストーリー」
ユン・チャン(アルゴンヌ国立研究所教授)
14:00~15:45 パネル討論 2:「統合型高速炉の技術的特性」
​ユン・チャン 資料ダウンロード
KIM In-Tae(韓国KAERI)資料ダウンロード
秋山信将(一橋大学教授)資料ダウンロード
モデレーター 田中伸男
15:45~16:15 休憩
16:15~18:00 パネル討論 3:「日本における核燃料サイクルと新型炉;ポスト福島の新しいパラダイムの可能性」
​キーノートプレゼンテーション       藤家洋一(前原子力委員長) 資料ダウンロード
エリック・ローエン(GE日立原子力)資料ダウンロード
田中知(東京大学工学部教授)
​モデレーター 城山英明
18:00 謝辞 田中伸男