<ご案内>
第40回GSDMプラットフォームセミナー
「イノベーションに関する横断的な分析手法の研究と普及」
1月21日(水) 17:00~20:45(東京大学工学部3号館2階32講義室)

2015/01/13
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア

本イニシアティブは、イノベーションによる課題解決に向けた研究支援として重要なテーマとして認識されている学術知識の構造化手法、課題と技術知識の関連性の特定手法、萌芽的重要論文の特定手法等のイノベーション分析技法に関する研究である。本ワークショップはその成果および活用の実適用に係るフィードバックを得て、手法の高度化につなげるために行うものである。

日   時 : 2015年1月21日(水) 17:00-20:45
場   所 : 東京大学工学部3号館2階32講義室MAP
持  ち  物 : ハンズオンを行うため、PCを持参のこと
主   催 : 東京大学大学院 工学系研科 総合研究機構 イノベーション政策研究センター センター長 坂田 一郎
東京大学博士課程教育リーディングプログラム「社会構想マネジメントを
先導するグローバルリーダー養成プログラム」(GSDM)
申   込 : 【1/21 GSDMプラットフォームセミナー参加希望】として、e-mail にて
お名前・ご所属・役職名を info@ipr-ctr.t.u-tokyo.ac.jp までお知らせ下さい。

プログラム

17:00〜17:30 書誌情報学を用いた研究概要(担当:森 特任講師)
17:30〜18:00 学術論文データベース Thomson Web of Science紹介
(担当:岩見 研究員)
18:00〜18:30  特許データベース Thomson Innovation紹介(担当:佐々木 研究員)
18:30〜18:45  (休憩)
18:45〜20:15  学術俯瞰システム概要ハンズオン
(担当:岩見 研究員、榊 研究員、佐々木 研究員)
20:15〜20:45  ネットワーク分析、機械学習概要、関連ツール紹介(担当:榊 研究員)

•詳細はこちらです