<ご案内>
第37回GSDMプラットフォームセミナー
「 所得の増減による消費財選択の変化」
11月26日(水) 10:30~12:10
(東京大学小島ホール 2階 第3セミナー室)

2014/11/18
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア

This presentation shows that an income effect can drive expenditure switching between domestic and imported goods. We use a unique Latvian scanner-level dataset, covering the 2008-09 crisis, to document several empirical findings. First, expenditure switching accounted for one-third of the fall in imports, and took place within narrowly-defined product groups. Second, there was no corresponding within-group change in relative prices. Third, consumers substituted from expensive imports to cheaper domestic alternatives. These findings motivate us to estimate a model of non-homothetic consumer demand, which explains 80% of the observed expenditure switching. Estimated switching is driven by income, not relative prices.

日 時 : 2014 年11月26日(水) 10:30~12:10
タイトル : 「所得の増減による消費財選択の変化」
講 演 者 : ルドルフ ベム
(国際通貨基金、ラトビア中央銀行、ストックホルム経済大学)
場 所 : 小島ホール 2階 第3セミナー室MAP
主 催 : 東京大学博士課程教育リーディングプログラム
「社会構想マネジメントを先導するグローバルリーダー養成プログラム」
 (GSDM)