プログラム責任者挨拶

プログラム責任者 飯塚 敏晃
プログラム責任者
公共政策大学院院長
飯塚 敏晃

現代の日本は少子化、高齢化をはじめとして、資源、エネルギー、環境など様々な課題を抱えています。これらの課題は世界が直面する課題です。そのような状況の中、世界に先駆けてそれらの課題を解決する、高度な専門性とグローバルで幅広い視野を備えた人材がこれまで以上に求められています。

このような社会の要請を受けてGSDMでは、9研究科、21専攻が互いに協力して、プログラムの運営、学生の教育に、それぞれの専門を軸にしながらも、その枠にとどまらない取り組みを続けています。また、平成28年度からは、運営主体である公共政策大学院に博士課程が設置され、GSDMにおける教育・研究の一層の充実が期待されます。

GSDMの特徴は、文理統合型の学位プログラムにより、グローバルな視野で専門的・俯瞰的な知識を用いて社会的課題を発見することにあります。革新的科学技術と社会制度・公共政策の統合的解決策を提示し、多様な関係者と連携してそれを実行できる人材を養成することを目指しています。そのようなグローバルリーダーを養成する取り組みは、着実にその成果を挙げつつあります。

引き続きこれからも、従来の博士課程教育とは一線を画した、より国際的な環境、優れた教員や実務家との接点、文理横断的な指導を提供し、世界を担う知の拠点の形成を目指してまいります。世界を舞台に活躍するグローバルリーダーを育成するこのプログラムへの、皆様のご支援をよろしくお願い致します。