カリキュラム等

プログラム特任教員

東京大学大学院工学系研究科
機械工学専攻 
特任講師
ジョン・イル

1)担当科目

  • Molecular Dynamics and Nanotechnology,
  • 工学コンピテンシーI-Project Based Learning,
  • 工学コンピテンシーIII

2)略歴

学歴:
平成19年 Oxford大学化学学部卒業
平成20年 Oxford大学大学院理学研究科修士課程化学専攻修了
平成28年 東京大学大学院理学研究科博士課程化学専攻修了
経歴:
平成20年〜
25年
LG Display 研究所 先任研究員(兵役免除特別選考)
平成28年〜
29年
東京大学機械工学部 JSPS特別研究員
平成29年〜
30年
東京大学機械工学部 特任助教
平成30年〜
現在
東京大学機械工学部 特任講師(丸山茂夫教授)

3)研究分野

炭素材料にはナノチューブ、グラフェン、フラーレンなどがあり、それぞれ太陽電池素子内の電極 あるいは有機半導体材料として使われる特長的な性質を持っている。この材料の誘導体を合成・開発し、環境にやさしい炭素材料を適用した次世代再生エネルギー素子の新機能を活かした高性能化を実現する研究に従事している。太陽電池開発には様々な分野の複合的な技術が要求されるが、企業での経験で培った視野に基き、産官学との共同研究を国際的に行いながら,有機化学から応用物理、電子工学に跨がる研究を展開している。

研究テーマ:

  1. 機能性新規炭素同素体開発(Carbon nanotube・Fullerene・Graphene)
  2. 炭素同素体の薄膜太陽電池での応用(Perovskite・Organic・Silicon)
  3. 太陽電池の信頼性・安定性・機械的特性の向上

4)主要研究業績

SCI Publications

  • 'Lithium-Ion Endohedral Fullerene (Li+@C60) Dopants in Stable Perovskite Solar Cells Induce Instant Doping and Anti-Oxidation'
    Il Jeon, Hiroshi Ueno, Seungju Seo, Kerttu Aitola, Ryosuke Nishikubo, Akinori Saeki, Hiroshi Okada, Gerrit Boschloo, Shigeo Maruyama, Yutaka Matsuo*
    Angewandte Chemie International Edition 57, 1-6 March 2018 [selected as Very Important Paper]
  • 'Carbon Nanotubes versus Graphene as Flexible Transparent Electrodes in Perovskite Solar Cells'
    Il Jeon, Jungjin Yoon, Namyoung Ahn, Mohamed Atwa, Clement Delacou, Masaki Sota, Esko I. Kauppinen, Mansoo Choi,* Shigeo Maruyama,* Yutaka Matsuo*
    The Journal of Physical Chemistry Letters 8, 5395–5401 October 2017
  • 'Single-walled Carbon Nanotube Film as Electrode in Indium-free Planar Heterojunction Perovskite Solar Cells: Investigation of Electron-blocking Layers and Dopants'
    Il Jeon, Takaaki Chiba, Clement Delacou, Yunlong Guo, Antti Kaskela, Olivier Reynaud, Esko I. Kauppinen, Shigeo Maruyama, Yutaka Matsuo*
    Nano Letters 15, (10) 6665-6671 September 2015
  • 'Direct and Dry-Deposited Single-Walled Carbon Nanotube Films Doped with MoOx as Electron-Blocking Transparent Electrodes for Flexible Organic Solar Cells'
    Il Jeon, Kehang Cui, Anton Anisimov, Albert Nasibulin, Esko I. Kauppinen, Shigeo Maruyama*, Yutaka Matsuo*
    Journal of the American Chemical Society 137 (25), 7982-7985 June 2015
    And 40 other publications mostly first or corresponding authored

Patents

  • 'Quantum Rod Light-Emitting Display Device 2'
    Il Jeon, Kyung-Chan Kim, Joong-Pill Park, Moon-Bae Gee, Sung-Hee Cho, Kyung-Kook Jang, Kyung-Seok Jeong, US Patent US20140016296
    And 25 other international patents

5)その他のリンク