カリキュラム等

プログラム特任教員

東京大学公共政策大学院 
特任助教
羅 芝賢

1)略歴

2017年11月〜 現在 東京大学公共政策大学院特任助教
2017年9月 東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了、博士(法学)
2014年3月 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了、修士(法学)
2008年2月 高麗大学文学部卒業(東洋史学)

2)研究分野

行政学、近代国家の比較歴史分析、比較政治学

3)主要研究業績

学術論文(単著)

  • 「番号を創る権力―近代国家における番号制度の多様性とその政治的起源―」東京大学博士学位論文、2017年(特別優秀賞)。
  • 「日韓比較に見る日本の国民ID制度の挫折」、日本政治学会2017年度研究大会報告論文、2017年。
  • 「学会展望―Morten Jerven, Poor Numbers: How We are Misled by African Development Statistics and What to Do about It」『国家学会雑誌』第129巻第1・2号、2016年。
  • "Rethinking the Failure of E-government: Industrial Policy and IT Procurement in Japan." NCDG Policy Working Paper No.14-XXX, 2016.
  • "The Impact of E-government Policies on Public Management: Japan and Korea in Comparative Perspective." Invited Paper, presented at Asian Group for Public Administration, 2014.

学会報告(単独)

  • 「日韓比較に見る日本の国民ID制度の挫折」日本政治学会、東京、2017年。
  • 「日本における国民ID制度の挫折(続)」日本行政学会、大阪、2017年。
  • "The False Optimism of E-Governance: Japan in Comparative Perspective." Japan - Netherlands Research Cooperative Program, Joint Seminar on Social Innovation Strategies in Urban Transformation, Rotterdam, 2017.
  • 「番号を創る権力―国際比較に見る日本の国民ID制度の挫折―」東京大学行政学研究会、東京、2016年。
  • 「日本における国民ID制度の挫折」日本行政学会、東京、2016年。
  • "The Impact of E-government Policies on Public management: Japan and Korea in Comparative Perspective." Asian Group for Public Administration, Jakarta, 2014.

活動実績

  • Doctoral Fellow, National Center for Digital Government (NCDG), University of Massachusetts Amherst, 2016.