カリキュラム等

プログラム特任教員

東京大学公共政策大学院 
特任教授
鎌江 伊三夫

1)担当科目

  • 医療技術評価(S1S2, 日本語)
  • Case Study (Institutions and Methods of Health Technology Assessment in Healthcare Policy)(S3S4, 英語)

2)略歴

京都大学工学部・院修士(情報工学)卒。神戸大学医学部卒(医師)。ハーバード公衆衛生大学院修士・博士卒(Master/Doctor of Public Health)。島根医科大学, 京都大学病院助教授, 神戸大医学部教授, 慶應大学教授を歴任後, 2012年4月より、東京大学公共政策大学院特任教授。「医療技術評価・政策学」寄附講座を担当。キヤノングローバル戦略研究所研究主幹, 明治大学国際総合研究所シニアファカルティ, 北京大学客員教授を兼務。国際医薬経済学・アウトカム研究学会(ISPOR)理事(2004-2006), 同日本部会初代会長(2005-2009年, ISPORアジアコンソーシアム次期委員長(2014-2016), 国際医療技術評価学会2016東京大会委員長, 国際医学意思決定学会アジア太平洋委員会委員などの国際派。

3)研究分野

医療決定科学, 医療技術評価, 医療経済学

4)主要研究業績

[1]著書

  • 鎌江他共著「医療経済評価」-基礎研修講座テキスト,じほう, 2014年12月.
  • 鎌江他共著(鎌江他監修): 医療技術の経済評価と公共政策-海外の事例と日本の針路, じほう, 2013.4.
  • 鎌江他共著(鎌江監訳): ヘルスケアサイエンスのための医薬経済学用語集 (ISPOR Book of Term) 日本製薬工業協会 医薬出版センター, 2011.4.

[2]論文等

  • 鎌江他: 消化器がん検診にプロポフォールによる鎮静を導入することによる精密検査受診率向上効果に関するコンジョイント分析. 医薬ジャーナル51(9):120-132, 2015.
  • kamae I: A Japanese-Style Approach to Value-based Pricing: Scientific Basis and Theoretical Potential. "PORTRAIT OF A HEALTH ECONOMIST" for Professor BENGT JONSSON, Swedish Institute for Health Economics:pp73-80, May 2014.
  • Nakahara N, Kamae I: Regression analysis of indicating multiple incremental cost-effectiveness ratios for non-small cell lung cancer treatment. Journal of Medical Economics:1–8, 2014.
  • 鎌江: 医療戦略に「価値評価」を. 日本経済新聞 経済教室, 2014年2月13日.
  • Kamae I: Value-based Approaches to Health Care Systems and Pharmacoeconomic Requirements in Asia. PharmacoEconomics. 28;10:831-838, 2010.
  • Kamae I, Tarn Y, Li S, et al.: Health Care Systems and Pharmacoeconomic Research in Asia-Pacific Region. Value in Health. 11 Suppl 1:S137-55, March 2008.

5)その他のリンク